「ダービー馬はダービー馬から」

 

ファンディーナが皐月賞出走を表明してからというもの、もし皐月賞を勝ったら
ダービー行くんだろうか。。。
もう2度と現れないと思っていた牝馬のダービー馬が誕生するんだろうか・・・
もし皐月賞を勝って挑んだらウオッカのときよりマーク厳しいんじゃないだろうか・・・

なんて妄想ばかりしています。




さて管理人が競馬を始めたのは1995年。

桜花賞こそフォティテン産駒のワンダーパヒュームが制したものの、皐月賞はジェニュイン、オークスはダンスパートナー、そしてダービーはタヤスツヨシとまさにSS旋風が吹き荒れた最初の世代。

このとき管理人は「ダービー馬はダービー馬から」。この言葉をとても重みのある格言としてとらえておりました。

なんせ競馬を始めて日も浅く、オグリキャップ、トウカイテイオー、メジロマックイーンくらいは名前聞いたことあるぞ?というレベル。


シンボリルドルフという馬は聞いたことないぞ。
そうか、トウカイテイオーのお父さんなのか。 へー、無敗の3冠馬、そりゃすごい。
という感じでおりました。


後々、『名馬物語Ⅱ』(関西テレビで96年頃、土曜の深夜に放送していた)のトウカイテイオーの回をみて
テイオーの強さと美しさに魅了されました。
なになに父シンボリルドルフは「皇帝」と呼ばれ、無敗の3冠馬、海外GIにも挑戦。。。
前年の3冠馬ミスターシービーを問題にせず無類の強さを誇った・・・

凄い親仔やな!!とこのとき初めて知ったわけです。

持ち込み種牡馬全盛の時代



話が逸れましたが、要するに管理人が競馬を始めたころはまさに持ち込み種牡馬の全盛期で、ノーザンテーストを筆頭にリアルシャダイ、トニービン、ブライアンズタイム、そしてサンデーサイレンス。

つまり国内で活躍した馬たちの仔はなかなかGIの舞台で躍動する機会が少なかったということ。


ルドルフもトウカイテイオー輩出後はアイルトンシンボリに帰国子女ジャムシードと切れのないイマイチな産駒が
代表となった。牝馬のキョウワホウセキは切れ味鋭かったな。

タマモクロス産駒のカネツクロスが逃げて素質開花、宝塚記念まで駒を進めた時は何とも言えない感動があった記憶があります。ヒットザターゲットの母、ラティールも牝馬GI戦線賑わしてくれました。

オグリキャップも初年度産駒で2頭クラシックに送り出したから、今思うとなかなかの快挙だったかも。
牡馬はオグリワン、牝馬はアラマサキャップ。どちらも成長力に欠け、以後は活躍できずでした。。。


「マル父制度の廃止」



そんな輸入種牡馬隆盛の時代がいつまで続くかと思ったら2002年、サンデーサイレンス死去の衝撃。

その時はすでにフジキセキ、ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、アグネスタキオンといった後継種牡馬にも恵まれており、「サンデーサイレンス系」はすでに確立されていたと言えますね。

そのサンデー産駒はみんな「内国産」であり、目覚ましい活躍を見せたため、前述のルドルフ、タマモ、オグリ、サッカーボーイ、サクラユタカオー、アンバーシャダイなど内国産馬を父に持つ、いわゆる『マル父』制度が2007年を最後に廃止となりました。


やっぱりSSは規格外



またまた話が逸れました。


yjimageUKERO2WB

サンデー産駒ファーストクロップの95年からラストクロップ06年までのダービー馬を挙げていくと・・・

95年 タヤスツヨシ (サンデーサイレンス)
96年 フサイチコンコルド (カーリアン)
97年 サニーブライアン (ブライアンズタイム)
98年 スペシャルウィーク (サンデーサイレンス)
99年 アドマイヤベガ (サンデーサイレンス)
00年 アグネスフライト (サンデーサイレンス)

01年 ジャングルポケット (トニービン)
02年 タニノギムレット (ブライアンズタイム)
03年 ネオユニヴァース (サンデーサイレンス)
04年 キングカメハメハ (キングマンボ)
05年 ディープインパクト (サンデーサイレンス)
06年 メイショウサムソン (オペラハウス)

ダービー馬12頭中、6頭がサンデーサイレンス産駒という結果。
圧倒的な数と質の交配牝馬を誇るSS産駒にとって、ダービー馬を輩出することはさほど難しいことではないようで。

ネオユニヴァースからロジユニヴァース。
ディープインパクトからはディープブリランテ、キズナ、マカヒキの3頭のダービー馬を輩出。

今後もディープ産駒からダービー馬が誕生することでしょう。

キングカメハメハからは2冠馬ドゥラメンテ。


牝系を発展させることの難しさ



そして何より言いたかったのが
ウオッカの存在であります。

ダービー馬タニノギムレットを父に持ち、母はタニノシスター(96年桜花賞に出走)。
オーナーブリーダー谷水氏の結晶のような馬で。牝馬にしてダービー馬に。

Vodka(horse)_20070527R1
↑↑ wikipediaウオッカの頁より抜粋。


年間150頭前後の産駒を輩出する種牡馬に対し、牝馬は年に1頭のみ。

ウオッカの仔にも「ダービー馬はダービー馬から」の可能性はあるわけで。
こんな夢のような「変則」親子3代ダービー馬の誕生を待ち望むなんて血統のロマン以外何者でもない!

現4歳のタニノアーバンシーは牝馬ながらスケールを感じる走りで現在2連勝中。
今年2歳を迎えているフランケル産駒の牡馬に親子3代ダービー馬誕生の期待をしましょう。


でも・・・ダイナカール-エアグルーヴ-アドマイヤグルーヴ×(キングカメハメハ)-ドゥラメンテって
やっぱり凄すぎる・・・まさに近代日本競馬の縮図です。


ではここらへんで。


今年のダービー馬はディープ産駒か、ハーツクライ産駒か、ステイゴールド産駒か・・・
それとも非SS系の馬が栄冠を手にするのか。。。。





ディープインパクト 三冠の軌跡 [DVD]

新品価格
¥6,800から
(2017/3/30 02:44時点)

ウオッカ ~奇跡への疾走 最強牝馬のすべて~ [Blu-ray]

新品価格
¥5,860から
(2017/3/30 02:45時点)